デリヘルを運営して初めて知ったことは幾つもあるのですが、その中でも特に、(これはこの仕事をしないと絶対知ることはなかったな)
ということが、2点ありますね。

1、風俗での行為など業界慣れした人には「普通」である
2、女という生き物の根本的な怖さ

 

 

第一章 デリを運営して初めて知ったこと

デリを運営して初めて知ったこと

先ず1、に関して説明しましょう。

例えばあなたの妻や恋人がこっそり風俗で働いていて、職務中、他の男とまるで「昼顔」の如く激しく求めあっている姿を見たらいかがですか?

落ち込みませんか?

引きずりませんか?

打ちのめされませんか?

いや、そもそも、自分の愛する人が風俗で日常的にそういうことをしていることを知ってしまったらいかがですか――??

………いや、実はそれ、男が思うほど大したことじゃありません(笑)

それらを見たり知ったりしたのが仮に僕だとしましょう。

それでも向こうは僕と離れたくないと言っていて、僕も相手を愛しているなら、僕はそれらのことに関しては恐らく他の男性よりはショックを受けないと思います。

というか。
仮に店の子と恋愛関係に陥ったら、自分の惚れた子を自分の稼ぎのために他の男に差し出す――というようなことが、日常になるわけです。

業界に長く居る男の脳内では、「女性はお金のために割り切ってそういうことができる生き物」だということは、明白となっています。

つまり、風俗で体を売ること=仕事であり、風俗でのプレイ=女が金のために演じているにすぎないということを、肌で感じて悟っているのです。

はっきり言いますが、浮気相手の男の絶倫に狂ってしまうような女は「経験が足りない」だけです。

日常的に体を売る風俗嬢の多くはこう言います。


「男なんて誰でも同じ。

上手いとか下手とか大きいとか小さい?そんなの道を極めたAV男優でもない限り大差はないわよ。加藤鷹の黄金の指マンだって「痛い」ってだけの子はいるんだから。

私は1000人以上のお客と絡んだけど、『お金なしでももう1度会いたい』と思えるくらい上手い人は1~2人ね。

Hなんてね、愛があって普通なのが1番素晴らしいことなのよ」

第二章 所詮はH、されどH

所詮はH、されどH

確かに、「所詮はH、されどH」ではあります。

でも風俗で働く女性は普通の女性が体験できない日々。

つまりは「毎日朝から晩まで色んな男に吸ったり揉んだりされ、性欲ぶつけられる」という「特殊な日常」に身をおくわけです。

そうすると自然に突き詰められていくわけですね。

「所詮はH」=仕事として、お金のために幾らでも演じることもできるほどのもの。
男女の繋がりにおいて大したものじゃない。
「されどH」=お互い気持ちを持って繋がる普通のHの大切さを実感。

業界に身を置いた男は、そういう風俗嬢たちを見て、「女性」や「SEX」というものを学びます。

突き詰めないと、辿り着かない「本質」があるのです。

僕は仮に自分の妻が元風俗嬢であったり、過去は稀代のヤリマンであったことを知っても、ビクともしないですね。

いや、逆に

(昔遊んでたんだ?良かった~!!じゃあ、歳食ってから外的な誘惑があっても、とち狂うことはないな)

と、確実に安心するでしょうね(笑)。

自分の意思においての乱れや遊びの過去は、成長した女性にとってはもう「存在しないもの」なのです。

そんな風に女性を捉えることができるようになったのは業界経験のおかげですから、そういう意味では悪い経験ではなかったんでしょうね。

第三章 元デリヘルオーナーの女性観

元デリヘルオーナー

ただね。

知って良かったこともあれば、知らなければ良かったこともありましてね。

その辺りを幾つか並べていきますので、男性の皆様は心して読んで下さい。

1、女とは異様にイケメンに弱い生き物である

絶倫や巨根より、強いのはやはり「イケメン」ですね(笑)。

風俗嬢がプライベートでよくよくホストに貢ぎ倒すのがその良い例です。

お客で来たイケメンとお金なしで外で会った風俗嬢の多いこと多いこと!(笑)

要はね、女とは、優れた外見と優しさがある男には、ほぼ確実に墜ちる生き物なのです。

本能で、美しい種を求めるんでしょうね。

イケメンに生まれることは、=人生の安泰です、間違いなく。

2、女とは一切アドバイスを求めない生き物である

何百人もの風俗嬢と知り合い、色んなタイプと言葉を交わしましたが、これだけは全員に共通していましたね。

女性が求めるのは話を聞いてくれる「耳」であり、助言をくれる「口」ではありません。

悪い男にハマっている子に、良かれと思ってアドバイスをすることの多くは「時間の無駄」です。

彼女らは自分自身で納得するまで、それが例え愚行でも決してやめることはありません。

頑なに自分を崩さないからこその「女」なのです。

3、女とは振り返らない、悔いない生き物である

どんなに愚かな経験を持っていたとしても、女性の大半に後悔などはありません。

それどころか、思い返すことも、教訓にすることもそうそうありません。

後ろを振り向かないからこその「女」なのです。

第四章 風俗嬢、待機所での会話

風俗嬢、待機所での会話

それでは、ある日の待機所での日常会話でもって、この記事を〆ましょう。

良子:(バイブをブンブン振り回しながら)今日のオヤジ、口も臭いしチンコも臭いしで吐き気がしたわ。ほんと、勘弁してほしい~。

宏子:(タバコの煙を鼻から出しながら)私の客もただ激しく指マンすることが上手いと勘違いしてる奴でさ、痛くて途中で素で「イタッ」って言ってやったわよ。ああいう「激しい=上手い」っていう勘違いって、大迷惑よね?

真由美:(タバコをひっきりなしに吸いながら)あ、そういや2人のリピーターだったあの「ポークビッツ君」、昨日私も指名で行ったのよ!

良子・宏子: えっ!?どうだった!?あれはさすがに気の毒でしょ~!?

真由美: あれじゃあ入っててもきっと分からないよね(笑)しかもひどい包茎だし、「何重苦!?」って感じ(笑)ま、早漏でこっちとしたらありがたいけど。

良子: そういやこの前すんごい遅漏の客がいてさ、ベンツのオープンで来て、めっちゃ格好つけてるんだけど、めっちゃブサメンっていう……(笑)

真由美: あ!?ソイツ、もしかしてデブであそこに真珠入ってない!?ワキガの臭いがとんでもなく強烈な……

良子: うぎゃあ!!ソイツだよっ!!ワキガのデブ!!あのワキガ、公害だよね!?抱きついてくるから息止めてたら死にそうになったよ(笑)

 

 

―――いかがでしたか?

何度掃除しても、お菓子の屑とか灰でゴミ屋敷のようになる待機所は、もうもうとしたタバコの煙で常に白んでおります。

その中で風俗嬢達は、このように上品な会話を日々繰り広げておるわけでございます。

男の精神衛生上、見聞しない方がいい風景が確かに存在していることを知って以降、僕はAKBもモー娘。も好きになれなくなりました(笑)

きっと楽屋や控室は……下品ですよ~!!