original_no1_fuzokujo
前回、こちらの記事きちんと知っておいて、性病の恐怖!~元No.1風俗嬢だった私の実体験~】で、
風俗でお仕事をする上で1番恐いのは『性病』だというお話をしましたね。

では、性病を防ぐためには自分で何ができるのでしょうか?

そして、万が一かかってしまった場合には、どの様に対処すれば良いのでしょうか?

性病は誰にも相談できず、1人で悩んでしまう事が多いかと思います。
これを読んでいただき、あなたも勇気を出して検査へと挑んでいただければ良いなと思います。

まずは信頼できるクリニック探しで定期的に検査

search
このサイトを見ている方でしたら、
風俗求人情報に「提携医療クリニックあり!」「性病検査あり!」などと目にした事があると思います。

求人情報でも書かれているのは、やはりそれだけ『性病』が怖いという事です。

お店側の対策として、クリニックとの提携や簡易キットでの検査をしてくれるお店も当然あります。

しかし、これらはあまり信頼度が高いものではありません。

どんな病気でもそうですが、まずは自分が信頼できるクリニックでなければ、信頼できる検査も治療もできないと思います。

また簡易キットでの検査はあくまで『簡易』です。

そういった事を考えると、ご自身で信頼できるクリニックを探し、確実な検査や治療を受けられる方が安心ですよね。

2つのタイプをご紹介したいと思います。

1.自由診療のクリニック

clinic
出典:http://www.myclinic.ne.jp/

風俗街周辺には、風俗で働く方が気軽に通えるようなクリニックがあるかと思います。

周辺にない場合でも、自由診療で性病検査を気軽にできるクリニックは数多くありますので、ネットなどで調べてみてくださいね。

そういったクリニックは、風俗で働いている方がたくさん来院することもあってか、風俗嬢への風当たりが少ないです。

もちろんクリニックの先生や看護師さんの人間性にもよりますが、風俗で働いている事を話しても問題はなく、親身に相談にのってくれる場合が多いです。

しかし、自由診療のため保険の適用ができません。

検査や治療費、薬代は全額自己負担となります。

2.総合病院や町の婦人科

hospital
出典:http://www.kusatsu-gh.or.jp/

性病は、もちろん婦人科系のお医者様でも診てもらえる所が多いです。

しかし、私の経験ですが「仕事で移されてしまったかも」と伝えると、仕事内容を聞かれ、
しまいには「そんな仕事辞めた方が良い」と言われます。

風俗=性病の概念が強く、根本的治療のために『風俗を辞める』ことを勧められます。

もちろんアドバイスであり、繰り返さない完治のための助言という事は理解できるのですが、
あまり良い気分ではありませんよね?

ネットで調べると、私以外にもそういった事を言われて、嫌な思いをしてきた方がたくさんいらっしゃるようです。

ただ、こちらは保険適用できますので、検査は実費になっても、診察料やお薬代は保険適用となりお財布には優しいです。

どちらが自分にとってメリットが多いのか、どちらが定期的に通いやすいのか。
最近では医療機関への口コミサイトなどもありますので、念入りに調べてから行くのが良いかと思います。

気になる検査方法と検査結果、その料金

inspection
検査方法は病気によって異なりますが、主に、
『尿検査』
『血液検査』
『膣内に棒を入れて、一部の細胞を採取する検査』になります。

これらは病院やクリニックによって、同じ病気でも検査方法が異なる場合もあります。

尿検査、血液検査は経験がある方も多いと思いますが、膣内に棒を入れて、一部の細胞を摂取する経験がある方は少ないかもしれません。

文字だけで見ると痛そうでこわく感じますが、なんて事はないです。

細長い綿棒の様な物を、自分で膣内に入れて数回くるくる回すだけです。
その棒で、細胞やおりものを採取します。
タンポンを入れるよりも楽ですよ!

結果は平均的に3日~1週間程度で出ます。

こちらも上記の1.自由診療クリニック、2.婦人科系の病院で分けると、
1.はネット上で結果が分かる所が多いです。
2.はもう1度病院へ出向かなければならない所が多いです。

料金に関しては、
1.自由診療クリニックは性病検査がお得なパックとなっている所が多いです。

数多くある性病の中から、今の症状から考えられる性病、または定期的に調べておきたい性病が『複数まとめて安くなります!』と言った内容です。

気になる症状から1つ1つ検査をしていては時間もかかりますし、料金も高くなります。
しかし、こちらのパックにすればまとめての検査が可能ですし、割引率が高いです。

2.婦人科系の病院はお得な割引などをやっている所は少ないです。

もちろん複数の検査を同時にする事は可能ですが、料金は割り引かれずに高額になります。

検査には保険適用はできませんので、
1.2.とも1つの検査で約3000円~30000円などになります。

治療方法とメンタルケア

medicine
主な治療方法は抗生物質の内服となります。
病気によっては、点滴をする事もあります。

どちらにしても、強い抗生物質になりますので、それなりに副作用が出る場合もあります。

私の場合は嘔吐・下痢が2日間続きました。

しかし、すぐに嘔吐や下痢で排出してしまうと抗生物質も一緒に排出されてしまうため、少し我慢が必要です。
その我慢も、大変辛かったです。

また何度も性病にかかると、抗生物資を飲んでも耐性が出来てしまうため、効果が薄れて完治しない場合もあります。

1度目の治療でしっかり完治させ、繰り返さない事が最も大切なポイントです。

性病は不安の塊でしかありません。
風俗でのお仕事は休まなければならないので稼ぎがなくなります。
お店やお客様、家族や恋人にも迷惑がかかる場合があります。

そんな自分が嫌になり、また病気が心配で不安が続き、精神的にもとても落ち込んで辛い日々が続きます。

呑気に笑っていられないですし、落ち込んでしまいますが、ただでさえ性病でストレスを抱えている体にストレスを加えるのは良くありません。

少しの我慢と、きちんとした治療で完治はできます。

少し長めのお休みをもらった気分で、治療とともにリラックスして過ごす事も大切です。

まとめ

matome
数多くある性病、数多くある病院やクリニック、数多くある検査方法と治療方法、病院やクリニックによって変わってくる料金。

自分にとって何がメリットとなり、デメリットとなるのか。

そこをよく考えて、定期的に検査を受けられ、万が一の時にはしっかりと頼って、完治できる所を探してくださいね。

性病はコンドーム着用でのプレイによる予防の他、
『完治させる事』
『人に移さない事』
『定期的に検査する事』が最も大切です。

そして体を大切に、安心してお仕事ができますように。

Kimura