【実録】ソープランド(ソープ)の講習ってどんな感じ?

風俗業界の最高峰【ソープランド】
「手っ取り早く稼ぐためにソープで働きたい!」
と考える女の子も少なくありません。

初心者には少しハードルが高い場所ですよね。

でも大丈夫!

ソープランドで働く前には必ず「講習」があり、お仕事を一から教えてもらえるのです。

今日は、そんなソープランドでの講習についてお話しをします。

ソープランドで働くということ

ソープランドでは、面接を受けてから本格的に働き始めるまでに、一週間前後かかります。

この間に、お店で「講習」を受ける必要があります。

講習とは、お客様をお出迎えしてからお見送りするまでの一連の流れを、実際のお仕事同様に動きながら教わるものです。

基本的に2~3時間で終わるところがほとんどですが、お店によっては丸一日かけて実施するところもあります。

マッサージ店や、ファッションヘルス店の講習に比べると、かなりのボリュームですよね。

どうして、ソープランドの講習はこんなにも大変なのでしょうか?

ソープランドは、最も短いコースでも、「60分~」というお店がほとんどです。
高級店にもなると「120分コース」のみ、というお店もあります。

必然的に、お客様と一緒にいる時間が長くなりますから、女の子にはさまざまな能力が求められます。

長時間お客様を飽きさせないテクニックやトーク力、さりげない気配りなど、覚えることは山積みです。

ソープランドは、もらえるお給料が高い分、提供するサービスの質も上げていかなければなりません。

「体を売るのだから高いお給料をもらって当然!」という考え方は、残念ながら通用しません。

お出迎えからお見送りまで、身も心もお客様に捧げるからこその、高い報酬なのです。

講習相手は先輩風俗嬢

ソープランドの場合、講習相手は女性であることが多いです。
基本的には、その店で一番テクニックがある女性です。

新人として講習を受ける場合、講習を担当してくださる女性に講習代(1〜2万円)をお支払いします。

その女性の時間をあなたが買って、講習をお願いするという形です。

このお金は、その場で支払う場合と、体験入店のお給料から天引きされる場合がありますので、事前に確認してくださいね。

せっかく、百戦錬磨の先輩風俗嬢が講習をしてくださるので、分からないことがあればどんどん質問しましょう。

男性には分からない、女の子ならではの悩みにも、しっかり答えてくれるはずです。

長時間お客様と一緒にいるソープランドでは、雰囲気づくりが大切です。

甘い時間を壊さないウェットトラストの仕込み方や、コンドームの装着方法など、ソープランドならではのテクニックも教わりましょう。

マット、ベッド、椅子を極めよ!

ソープランドでは、ベッドでのプレイ以外にも、マットや椅子といった独特のサービスが提供されます。

マットや椅子の有無は、お店やお客様によって変わりますが、一通りできると安心ですし、喜ばれます。

ベッドでのプレイに比べると、体力も使いますが、多彩なプレイができる女の子が生き残っていく世界ですから、早いうちにマスターしておきましょう。

慣れてしまえば、力の抜き方も分かってきます。

マットや椅子での様々な技は、まず自分がお客様役になり、講習員の女性に一度やり方を見せてもらいます。

そして次に役を変わり、お客様役になった講習員の女性を相手に、お手本を真似してみます。

滑らかに動くためのコツや、男性を喜ばせるポイントなど、先輩の動きを見て覚えていきましょう。

「マット、ベッド、椅子」の、どのプレイを希望されても、すぐに対応できるのが理想ですが、一度の講習ですべてを覚えるのは難しいですよね?

お店によっては、入店後も随時講習を実施してくれるところもあるので、テクニックを磨くためにどんどん活用しましょう。

まとめ

ソープランドは、風俗業界でもトップレベルのサービスを提供する場所です。

覚えることも多く、体力も必要ですが、その分得られる報酬や経験も多いです。

「ソープで稼ぐ!」と決めたからには、講習を有効に使い、自分自身を「稼げる体」にしていくことが大切です。

ハードなサービスに負けない体力と、お客様への心配り精神を身に着けて、デビューの日を迎えましょう!

Milly