現役風俗嬢が教える、指名を取るヒミツ

 

「勇気を出して風俗を始めたのに、全然指名が来ない…」

「他の子は予約でいっぱいなのに、私はいつもフリーばかり…」

あなたは、そんな悩みを抱えていませんか?

 

せっかく風俗で働くなら、指名をたくさん取ってたくさん稼ぎたいですよね!

今日は、在籍100名のお店で常に指名トップ5に入っている現役風俗嬢の私が、

『指名を獲得するヒミツ』を伝授します。
バン

『見た目はやっぱり重要?』

パネルマジック

正直に言いましょう。

「見た目は重要です!!」

 

少し前までは、店内用の写真が綺麗に撮れれば、指名をいただけた時代でした。

いわゆるパネマジというものです(パネマジはパネルマジックの略)。

パネルマジックとは、主に風俗業界において女性従業員の紹介写真を「パネル」、

それを実物より良く見せる技術を「マジック」と称して生まれた単語。』

参照:ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/パネルマジック

しかし今はインターネットの掲示板等で、お客様同士が私たちの情報をやりとりする時代です。

当然パネマジの情報も出回っています。

『奇跡の一枚』だけでは指名が取れない時代となってしまいました。

 

では、超絶美人でないと稼げないのでしょうか?

それは違います。

 

顔の好みは十人十色。

モデルさんのような顔立ちの子が好みの男性もいれば、クラスメイトにいそうな普通の女の子と遊びたい男性もいます。

 

要は、自分の顔を好いてくれそうなお客様に、たくさん出会うことが、指名を増やす第一歩なのです。

 

そのためには、お店選びの段階でお店ごとのカラーをよく見定めることが重要です。

可愛い妹系、派手目なギャル系、綺麗なお姉さま系、ちょっと過激な痴女系…

 

お店のHPを見れば、在籍している女の子の写真を見ることができます。

面接の前には必ずチェックして、自分の雰囲気に近いお店を選びましょう。

『講習を駆使してテクニックを磨く』

講習

入店時に講習があるお店も少なくありません。

特にソープランドや、ちょっとマニアックなお客様向けのお店では、独特のお作法があります。

それらを身につけるための講習が必須です。

 

「めんどくさいなぁ」と思う女の子もいるかもしれませんが、この講習はテクニックを磨くとてもいいチャンスなのです。

 

実際に働き始めると、基本的にはお客様と一対一でのお仕事なので、

第三者に自分の接客を見てもらったり、アドバイスをもらったりすることはできません。

知らず知らずのうちに手抜き接客になっていたとしても、それを指摘してくれる人はいません。

(まれに指摘してくださるお客様もいますが、お互いの空気が悪くなるので普通は言いません。)

 

風俗は立派な接客業です。

お客様に満足していただくために、まずは講習をしっかり受けて、風俗で働く基礎を身につけてください。

お店によっては、入店後も希望制で随時講習をしてくれる場合もあるので、

テクニックに自信がない子はお店に相談してみるのもいいでしょう。

 

講習については、「具体的にどんなことをするの?」「スタッフの前で裸になるの?」など、いろいろと疑問や不安もあると思いますので、また次回に詳しくお話します。

⇒『体験談。風俗業界の講習あれこれ』

 

『「おもてなし」は最大の武器』

おもてなし

「お、も、て、な、し」というワードが、一時期流行しましたね。

 

このおもてなしの精神は、風俗業界でもとても大切です。

お店のランキングに入る女の子たちは、みんなお客様へのおもてなしをいつも心がけています。

 

例えば、手作りのお菓子をプレゼントしたり、名刺を渡すとき、裏面いっぱいにメッセージを書いたり。

単身赴任のお客様のために、お弁当を準備したという女の子もいます。

 

どれも手間や時間がかかることですが、だからこそやってもらった側は感激しますし、

「次、またこの子に会いたい」と思うのです。

zukyun

他の女の子と同じでは、いつまでたっても指名は取れません。

自分にしかできないおもてなしを実現することで、

他の誰でもない【あなた】に会いたいと言ってくれるお客様が増えていくのです。

『まとめ』

まとめ

顔だけ良くても、テクニックだけすごくても、優しさだけがあっても、風俗では指名は取れません。

その全てがバランスよく備わって初めて、お客様がついてきてくれます。

 

まずは自分に足りないものは何か、客観的に見つめ直してみるのもいいでしょう。

自分一人では答えが出ないときは、お店のスタッフさんにアドバイスをもらうのも一つの手です。

彼らは何百人と風俗嬢を見てきていますから、どんな子が売れてどんな子が売れないかをよく知っています。

 

独りよがりにならず、周りの声に耳を傾けながらステップアップしていきましょう!

 

Milly