name

風俗業界に足を踏み入れようと思っている、
もしくは、踏み入れたばかりのあなた。

働くからには、いかに稼ぐか!?を考えると、
【指名を取ること】が、いかに大切か分かってきます。

指名を取ると、予約も入りやすくなり、
また、何度も顔を合わせているお客様が増えると、
風俗嬢が働きやすくなるからです。

そこで今回は、指名の取り方について元ナンバーワン風俗嬢の私からアドバイス致します。
風俗の業種はヘルスを想定しています。)

心構え編〜働くにあたってこれだけは押さえておいて欲しいこと

lonely

心構え編の内容は、風俗にはどういったお客様が来るのか?を知ってもらうためのものです。

これを知っているのと知らないのでは、指名獲得に大きな差がついてきます。

さて、風俗に来るお客様は、単に性処理のみの目的で来ているのでしょうか?

もし、性処理のみの目的だと思ったら、それは大きな間違いです。

お客様は、さみしさを抱えている方が多いです。

風俗に、癒しを求めて来る方もいらっしゃいます。

性産業の中で、新人さんとはいえプロはプロです。

プロである風俗嬢は、買ってもらった時間は精一杯接客することが非常に重要です。

そこで、お客様はどういう気持ちで来ているのか?それを知って欲しいのです。

今の時代、風俗はいくら容姿が良くっても、無愛想で態度が悪いのでは指名は取れません。

さみしさを抱えているお客様には、誠意ある態度で、しっかりと接客していきましょう。

実践編〜サービスの中で工夫できること

smile

先に初心者さんのために、サービスの流れについて少し触れておきます。

まずは、笑顔でお客様を迎えるところから始まります。

少し雑談し、自己紹介をしましょう。

なにも、真実を語るのではなくて、あなた自身が作り上げた「風俗嬢である私」のプロフィールをお客様にお話します。

その後、シャワーですが、自分の体よりお客様の体を先に洗いましょう。

何度も書きますが、丁寧に、丁寧に接客します。

次にサービスになりますが、素股など色んなテクニックがありますが、徐々に覚えていくと良いでしょう。

お客様が無事イってくれたら、再度シャワーを浴びます。

この時、お客様は一人で浴びられることも多いため、臨機応変に対応しましょう。

最後に、名刺を渡して(断られたら、渡しません)、送り出しをしてサービス終了となります。

さて、この一連の流れを何度も繰り返していくのですが、風俗嬢は決して楽ではないことが、お分かり頂けたらと思います。

そして、サービスの中でできる細かい工夫です。

店舗型のヘルス(いわゆる箱ヘル)では、部屋の準備から勝負になります。

デリヘルの場合は、部屋の準備は必要ありませんが、シャワーを浴びた後、床に敷いてあるタオルが濡れれば、即交換。

お客様が帰られる時に、靴下がぬれないよう配慮します。

そんな細かいところまで…と思われる読者もいらっしゃるでしょう。

ですが、サービスではまだ技が未熟な分、それをカバーする必要があります。

シャワー後、お客様の体を拭いてあげる、

お帰りの際は服を用意する…などなど、

他の風俗嬢がしていない細かい点を、しっかりと押さえておきましょう。

応用編〜お客様の心をゲットするには?

heal
最後に、応用編です。

性的なサービス以外のところで気配りが必要ということは、先ほども書いた通りです。

そこで思い出して下さい。

どういったお客様が来るのか?

そう、「さみしい」お客様が圧倒的に多いのです。

こういったお客様には、癒しを与えることが必要です。

まずは、しっかりと話しを訊き、じっくりとお客様と向き合うことです。

面倒かもしれませんが、これが大切になってくるのです。

私の場合は、最初は性的なサービスを提供していたお客様が、ただ話だけしに来られるといったことも経験しています。

性的なサービス以外のところで、お客様の「さみしさ」を埋める存在になることが出来れば、リピートしてもらう確率はぐんと上がってきます。

よく、キャバ嬢が「色恋営業」といって、恋人気分をお客様に味わってもらうというテクニックがあります。

風俗嬢も、このテクニックは取り入れるべきです!

まとめ

service
いかがでしたか?

風俗初心者さんには、ぜひ読んで頂きたい内容となっています。

重要なのは、(性的なサービスのみ提供すればいいんだ!)が、大きな間違いということ。

心のこもった、心理的なサービスがまずあって、
その後に性的なサービスが続くのです。

こうすると、指名の数はグッと増えるでしょう!
新人の皆様、ぜひ参考にして下さい。

最上ふう