worry-lady

名前というのは、それだけで一定のイメージを人に与えることができます。

『エリカといえばちょっとわがままな女王様タイプ』

『ゆうこといえば控えめで上品なお嬢様タイプなど』

個人差はあれ、皆何かしらのイメージを受け取りますよね?

風俗でも同じです。

お客様が風俗で遊ぶとき、必ず目にするのが『源氏名』です。

お店のウェブページや、店頭パネルにはたくさんの女の子が紹介されていますよね?

そこには必ず写真とともに源氏名が載りますから、お客様は女の子の源氏名から様々なイメージを膨らませてお店にやってきます。

そして、自分が仲良くしたいイメージの女の子に一番近い子を指名するのです。

つまり、源氏名次第ではお客様に選ばれる確率を上げることができるということです。

どんなに素晴らしい接客をする女の子でも、まず選んでもらえなければ意味がありません。

「この子と遊んでみたい」とお客様に選ばれる、あなたにぴったりの源氏名を考えましょう。

お店のルールに従う

referee

お店によっては、源氏名にルールを設けているところがあります。

例えば、ひらがな表記にすることや、苗字だけにするなどです。

このルールを破ることはオススメしません。

なぜならこのようなルールは、基本的にお店のコンセプトに合わせて設けてある場合が多いからです。

そこからはずれた名前をつけるということは、お店のコンセプトからも外れるということになります。

例を出すなら『愛、夢、遥、香』などの源氏名の中に、一人『キララ』という源氏名の子が混じっていると、お店の雰囲気を壊してしまいますよね。

どのようなルールがあるか事前に確認をして、十分気をつけてください。

インパクトが欲しいときのテクニック

surprised-cat

お店のルールの範囲内で、よりインパクトのある名前をつけることが大事です。

インパクトを持たせるためにはいくつかのテクニックがあるので参考にしてください。

字数を変える

2文字(まい、りか、らんなど)が多い場合は、3文字(あいり、まりこ、かなえ等)や、
4文字(さくらこ、かおるこ等)の名前にする。

表記を変える

ひらがなが多いお店なら、あえてカタカナ表記にする。(みらい→ミライなど)

国籍を変える

日本人名が多いお店なら、海外の女の子の名前を使う。(ジェシカ、アリスなど)

人名以外の名前をつける

いわゆるキラキラネームのようなイメージです。
あまり本名では使われないような名前をあえてつけることで、注目を集めることができます。
(ココア、チェリー、メロディなど)

これらを単独で使ってもいいですし、組み合わせることも可能です。

このようなテクニックを少し使うだけで、他の女の子と差をつけることができるのです。

客観的な意見も取り入れて

opinion

ある程度自分の中で源氏名の候補を決めたら、ぜひお店のスタッフの意見も聞いてみましょう。

あまりにもあなたのイメージとは違う名前をつけてしまうと、お客様にしっくりこないような印象を与えてしまいます。

例えば、黒髪のロングヘアーで、色白の大人しめな女の子が、『キャサリン』なんて名前だと、何となくぎこちない感じになってしまいます。

金髪カールヘアで、セクシー系の女の子が『純子』なんて名前でも落ち着かないですよね?

源氏名は、あなたの分身です。

その名前にふさわしい雰囲気や立ち振る舞いが求められることを意識して、あなたのイメージにぴったりの名前をつけましょう。

まとめ

nema
源氏名は、あなたが風俗のお店で働く限り、切っても切れないものです。

だからこそ、あなたにふさわしい名前をつけてあげることがとても重要です。

お店にいる間、その源氏名の女の子として過ごすわけですから、まずは自分にとって心地のいい名前をつけたいものです。

そして、たくさんの女の子の中から自分を選んでもらえるような、お客様がちょっと気になる名前にしてあげることもお忘れなく。

自分の魅力を引き出し、お客様のイメージを掻き立てるような、素敵な源氏名に出会えるといいですね。

Milly