現役風俗嬢OLが明かす、風俗嬢とOLを兼業でやっていく為の心構え

何かしら仕事はしていて一定の収入はあるけど、旅行や引越しをすればせっかく貯めた貯金は減り、また一から貯めなおし…

定時で上がれる環境にある為時間はあるが、食事に行くにも習い事するにもお金は掛かる。

このままだといつになっても変わらない生活レベル。

何かお金を稼ぐことをしてみたい・・・

これがこの業界に入る前の私でした。

現在は、二足のわらじでお金を稼いでいる『現役風俗嬢OL』です。

この世界に飛び込んでみたい、それはもっともっとお金を稼ぎたいから!

そう思っている方に是非読んでいただきたい!

『風俗嬢とOLを兼業でやっていくための心構え』をお伝えします。

本職を絶対に辞めない

本職を辞めない

私は正社員として働いていますが、月給はとても少なく、
何年務めても手取りは大卒の初任給並みで、そこからベースアップはありません。

一人暮しということもあり、月々の収入では少ししか貯金が出来ませんでした。

それがこの仕事をしたら、
本職の4倍稼げたのです!

「すごい!嬉しい!たくさん貯金出来る!」

舞い上がりました。

お金が手に入ると、
出勤日数や労働時間を考えたら、昼の本職がなんだか馬鹿らしく思えてきました。

もちろん、精神的にも肉体的にも大変な仕事ではありますが、
頑張った分たくさんのバック(お給料)を手にすることが出来ます。

ここで、ふと本職を辞めたくなりますが、本職は絶対に辞めないでください。

「本職あっての副業」です。

稼ぎがいいのは新人の時と、本当に人気のあるほんの一握りの女性だけです。

お客様を付けないといけないのは、私だけではありません。

新人期間が過ぎれば、あとは自力でリピーターさんを増やしていくしかないのです。

『突然手に入れた大金』

目の前のお金だけに目がくらまないようにしないといけません。

本職を活かす

本職を活かす

お客様は女性のプライベートなことに興味深々です。

本名は何か、
どこに住んでるのか、
昼はなんの仕事をしているのか、

「みんな口を揃えて同じこと聞くなぁ」と可笑しく思いますが、
この質問女性はみんな嫌がります。

でも、せっかくだったらその本職を活かしましょう。

私は○○○の営業をしていることを伝え、お客様と共通の話題を作ります。

また、会社員として当たり前の
『ビジネスマナー』をきちんと守ります。

例えば、
部屋に入るときはコートを脱いでから入る。

初めてだったら必ず自己紹介をして、呼んでくれたお礼を言う。

言葉づかいは馬鹿丁寧に話す。

他にも手に職がある人だったら、
エステやマッサージで働いてる人はサービスでマッサージしてあげる。

美容師さんだったらシャンプーや髪型のセットをしてあげる。

アパレルだったら着てる服を褒め、どんなボロボロの服でも丁寧に扱う。

などなどです。

そうすることで、
本職が見え隠れして、親しみをもってくれるのです。

質素であれ

質素であれ

お金は生活を豊かにしてくれます。

今までにない大金を手にしてしまうと、
どうしてもお金の使い方が派手になってしまいます。

女性は特に他人の持ち物に敏感です。

そこからいきなり風俗をしているとまで結びつかなくとも、
『なんであの子は会社の給料であれが買えるんだろう?』と疑問に思います。

現物があるのだから、
1度でも疑問の目で見られてしまうと、取り返しがつきません。

特にバッグや洋服には気をつけていても、うっかりしがちなのが『化粧品』です。

化粧室でお化粧直しをしている時に、隣の人のポーチの中身って気になりませんか?

ブランドの高級化粧品!

洋服よりも、ブランドロゴがはっきりしていてわかりやすいので、特に注意しなければいけません。

日常と非日常をきちんと使い分ける

日常と非日常をきちんと使い分ける

私は仕事柄外に出ることが多いです。

なので、もしかしたら、
本当に、もしかしたら、
『接客したお客様とお会いする可能性』があります。

そんな最悪な自体を少しでも避けるために、昼の私と夜の私を使い分けることにしています。

ただ、見た目を変えているだけですが、

昼はメガネをして、長い髪の毛は一本結び、お化粧は薄め。

夜はコンタクトをして、ロングの髪をたらして、お化粧は濃い目。

何があっても昼が本当の私です。

絶対に身バレしないために、日々気をつけて行動しなければなりません。

まとめ

趣味

私は風俗というお仕事を本職の気分転換にしています。

趣味や習い事のような位置付けでいます。

人生かけてお金を稼がないといけない人には、そんな甘いこと言ったら怒られますが、
私のように兼業を考えている人は、このぐらいの心づもりでいてください。

風俗嬢は趣味!

稼げるときもあれば、全然稼げない時もあります。

稼げない時は本当に落ち込み、裸まで売っているのに自分に何の価値もないことに気づかされます。

ですが、そんなことを気にしていては趣味は楽しめません。

あくまで、昼がメイン!

夜の仕事で人が変わってしまっては、元も子もないのです。

いま、昼の仕事をしているけどお金に余裕がなく、
なんとなく生活が寂しいあなた。

趣味だと思ってこの世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか?

ねこぶす