ぼったくり風俗店は存在するのか?

「ぼったくり」とは?

Wikipediaで調べてみると、ぼったくりとは、
【相場よりも高い金額で商品やサービスを提供し、客を欺くこと】
だという。

 

 

代表的例として真っ先に挙げられるのが「風俗」

ランプ

個人的にはあまりピンと来なかったりする。

(え?代表例は「バー」でしょ?)

ぼったくりの代表はいつの時代も「バー」であり、キャバクラであれセクキャバであれ、それらは「飲食業」の範疇だと思うのは僕だけだろうか?
同じ風営法に縛られていたとしても、「風俗店」とは、あくまで「男性が射精を目的として行く店」を指すのが普通の感覚というものだ。

ちなみにではあるが、今、風俗店では働く女性が足りないらしい。
優良店が掲載している求人サイトがあるので、女性の方はコチラを参考にしてもらえるといいかもしれない。
風俗求人サイト『みっけ』

さて。
飲み食いの料金をぼったくられるのは、中途半端なスケベ心の結果である。

若い女の子と楽しく飲みたい→× 若い女の子に抜いて欲しい→〇
飲むなら帰宅して嫁と飲むか、同僚と居酒屋行くこと。抜いてもらえばいじゃん。
若い女の子を口説きたい→× 若い女の子に抜いて欲しい→〇
どうせ口説いたって、彼女が本気で墜ちることはない。抜いてもらえばいいじゃん。

イケメンか、メチャメチャ面白いか、相当な有名人か大金持ちでもない限り、飲み屋の女の子が店に来る冴えないお客に本気で惚れることなどはそうそうない。
彼女らは「金」のためにあなたをノセているだけなのだ。
そんな虚しい時間にお金を使うくらいなら、最初から爽やか~にヘルスに行って、スッキリと抜いてもらえばいい。
純粋な風俗店であれば飲み食いはなく、ぼったくり被害頻度や被害額は、グッと下がるのだから。

「風俗に行ったらダメな男」とは?

男

ただ、だからといって風俗店にぼったくりがないのかといえばそうでもない。
詐欺写メや詐欺画像は「多少はどこの店にもある」と捉えておいた方が良い。
例えば、若くて細身の女性が好きな人が、お金をケチって格安の人妻店に行き、「デブババアが来た、詐欺だ!ぼったくりだ!」などと言うのは的外れな発言だ。
人妻店のHPの画像なんて、そりゃ細く見える角度から撮影されているに決まっているのである。
多少の修正が施されているケースもあるだろうし、奇跡の1枚を使用しているケースもあるだろうし……要は許容範囲を広めに持てないなら、妥協なんて一切しないことだ。
「若くて細身で美人」なんてスタンダードなキャラなら、風俗業界には山ほどおり、高級店やギャル系の店に行けば、そうそう大きなハズレを引くことはない。
風俗店に行くに際しては、自身の「趣味」に忠実に、予算をケチらないこと。
投資を惜しむことさえなければ、極端な詐欺に見舞われることはないのだから―――。

ただ、それとはまた少し違う方向性で、ガッカリするような人もいるようだ。

例)会社員A氏が今から遊びたい風俗嬢(妥協は一切しません)
好みのタイプ/ムッチリ系の巨乳
好みのカップ/Gカップ以上
好みの世代/20代後半~30代中盤
好みの芸能人/磯山さやか(もうちょい胸あればBEST)
NGなタイプ/デブとギャル系と熟女

まず、Gカップ以上というのが難しい(確か、磯山さやかでもEくらいのはず)。
理想の芸能人よりも、更に理想を追おうというのである(笑)
そういう世間を知らない人のために敢えて書いておこう。
人気グラドルで、ファッション誌でモデルをしている芸能人と、風俗嬢を一緒にしてはいけない!

磯山さやかはムチャクチャ美人なのだ!

そりゃあ超高級店に行けば、彼女より美人な子は大勢いる。
ただGカップ以上というのはもう高級店やノーマルな風俗店の範疇ではほぼなく、巨乳店、ポチャ店、人妻店などにも目を向けないと、どうにもならないレベルである。
だって今から呼びたいんなら、在籍してるだけじゃなく、出勤していないとダメだからね(汗)
Gカップ以上胸があって、姉キャン世代で、おばさんぽくなくて、いい歳してギャルっぽくなくて、ポッチャリじゃない、磯山さやか風の人。

胸が大きいだけなら、Gカップ以上の人はなんぼでもいるが、世代を考えても、その分太ってたり、出産経てたりしてる……って話ですわね。
こういう「好きな女性のタイプが微妙な人」は、面食いな人よりも遥かに苦戦するかもしれません。
もし、A氏が自身の理想を満たす女性と「今」から遊ぼうと思っても、そういう風俗嬢と運よく巡りあえる確率は相当に低いでしょうね。

そして彼が風俗で遊んだ後、口にする「ぼったくられた~」はぼったくりには相当しません。
彼はぼったくられたのではなく、単に「子供」なのです。子供は、風俗店で遊んではいけません。遊び方を知らないのですから―――。

実際に風俗店に存在する「ぼったくりを避ける方法」

ok

多少の詐欺写メや、大人としての現実的な妥協は必要(結婚相手探すわけじゃないのです(笑))かもしれません。
そこをわきまえていたとしても、到底許容できない【これは酷すぎる】というぼったくりが風俗店にも幾つか存在します。
今から書く幾つかの「ぼったくりパターン」を避けて通れば、ぼられることなく、安心して風俗店で遊べますから、初心者の方はどうぞ参考にして下さいね。

1、韓国人・中国人系ヘルスの画像詐欺(全くの別人のケースがたまにあります)
そういう店のHPには大抵絶世の美女が居並んでいますが、画像を見れば「撮影した感」が全くないので、転用画像だと分かります。

2、接客や嬢の質が著しく悪いケース(投函ビラで運営しているデリに多いです)
求人広告以外のデリヘルの投函ビラは「違法」です。違法と分かってそれでお客さんを確保しているお店は……言うまでもありませんね(笑)

3、キャッチのお兄さんに連れられて入るヘルス(法外に高額な場合があります)
向こうから商品を売りつけてくる=悪徳セールスという図式は、風俗にも当てはまります。まともな店は大きなお金をかけて宣伝広告打ってますので~。

4、HPの嬢のスケジュールが延々全員出勤(金髪外人系デリにたまに見られます)
嬢にも色々ありますから、そんなわけありませんよね(笑)あと、在籍者や出勤者が極端に少ないお店も避けた方が無難です。

5、出会い系サイトで客引きをしているお店(無論、無届店の可能性有、です)
これも投函ビラや街角貼付ビラと同様で、お客を集める方法としては怪しさ満開ですよね。
再度書きますが、まともな店は大きなお金をかけて宣伝をします

以上、5パターンを避けていただければ、風俗店において大きなぼったくりに合うことはないと思います。

あと、間違いがないお店の選び方としては、チェーン店で、HPに「当店は画像の修正は一切しておりません」と明記しているところはお薦めです。
チェーン化したということは【お客様の信用を得た】ということですからね。

若獅子の皆様、迷わず行けよ、行けば分かるさ!!