scream

風俗嬢になる前、私は一応悩みました。

風俗嬢になって良いものかどうか。

ネットでもお店のこと含め情報を色々かき集めました。

そこそこ小心者なので。

でもまぁ、結局風俗嬢になったんですけどね。

背に腹は変えられないってやつです。

で、働いてみると、思っていたことと違うことが結構あります。

「思っていたのと違う!」
「ネットや雑誌で読んだのと違う!」

色々な驚きがありました。

そんなびっくりしたことをいくつかお話したいと思います。

女と女、仁義なき戦い

battle

まず最初に私がやっていけるか不安だったのは『他の女の子との関係』です。

女子校育ちなので、女子同士のドロドロのくっそ面倒くさい関係を見てきている身としては、女しか居ない職場って結構不安だったんですよね。

最初のお店の待機場は半個室+大部屋でした。

オフィスビルの中だったので、そこの部屋の一部を個室のようにパーテーションで区切り、それ以外には区切っていない大きめのスペースが有りました。

なので、個室に入ってしまえば他の女の子との接点もなくのんびりできました。

「あっ!楽だ」とびっくりしました。

2つめのお店はアパートの1室で、個室はありませんでした。

でも、女の子たちがみんな基本的にいい人たちで、暇な時はテレビ観たりゲームしたりと和気あいあいとやっていました。

というのが表向きで、ネットの裏サイトで悪口書き込みまくりの人がいたんです。


しかも数人。


やっぱり女子怖い。


gogo


見えないところでガンガンやってくる!

幸い出勤日数の少ない私はターゲットにもされずにすみましたが、えげつなかったですね…。

やっぱり女子怖いとびっくりしました。

3つ目のお店もアパートの1室で個室なし。

でも、こっちはみんなあんまり話すこともなくドライな関係でしたが、裏で何か書いてることもなく、大人なお店でした。

「お店によるんだなぁ」と改めてびっくりしました。

ネットが普及しているので、女の戦いもネット上に上がっています。

やっぱり、女しかいない職場は覚悟が必要です。

やっぱり男は馬鹿である

menz

こう書くと語弊がありそうですが、すべての人がそうではないのです。

けれど、残念な方が多いのも事実です。

しかも、若い人じゃなくておっさんに

何でしょうかね。バブル世代の名残なんですかね?

この風営法の厳しい現在において、未だに本番ヤラせてもらえると信じているあの馬鹿さ加減

私も何人のお客さんと喧嘩したことか。

もちろん、そういう子がいるんですよね。

OKしちゃう子が。

だから勘違いする男も多いんですよ。

女の子側の責任もたくさんあるのは重々承知です。

でもまず「ヤろうとするなっ!」と私は声を大にして言いたいです。

女性が喜んで受け入れるとなぜ勘違いできるのか。

これ、40代後半から上の人に本当に多いんです。

若いお客さんの方がよっぽどその辺しっかりしています。

こんな安いお金で、万が一の時に責任も取れないのに、どうして本番したがるんでしょうね。

不思議でたまりません。

本番強要でこっちが訴えちゃえば、豚箱で冷たいご飯食べるハメになるのは自分なのに。

本当にびっくりです。

広告は大体嘘だと思って

uso

風俗の求人広告って、魅力的な単語がいっぱい並んでいますよね?

・入店祝い金
・毎日大3枚
・アリバイ会社
・完全個室待機
・触られないお仕事ですetc…

あれ、概ねその通りじゃありません。

びっくりしますよ、現実。

入店祝い金は、正社員並に毎日長時間働かないと対象になりません。

あと、ある程度お客さんを新人の段階で取れないとやっぱり対象になりません。

いつ貰えるんだろうとワクワクしていた私、超残念。

毎日大3枚もそうそうありません。

大っていうのは1万円ってこと。

大3枚は3万円。

バックが高いか、高級店か、そうじゃないとなかなか厳しいです。

安いお店だと1日に4人はお客さんつかないと3万円も稼げません。

短い時間のお客さんばっかりだともっと必要かも。

アリバイ会社なんぞ自力で探してる子何人もいました。

完全個室は、あることは知っていますが、私が言ったお店はさっき書いたような半個室状態で、完全個室は相当お金あるお店じゃないとないです。

触られないお仕事。

これが結構曲者で、実際そういうお店なんですけど、「もっと稼ぎたいなら」って結局普通の風俗のお店紹介されちゃうパターンなんですよ。

私もありました。

広告に書かれていること、全て信じるとお店に入ってから驚くことになります。

「違うじゃん!」って。

なので、何か広告に載ってる部分で「これだけは譲れない」ってことがあるなら、面接の段階である程度細かいところまで聞かないといけません。

普通のアルバイトの『楽しい職場です』並に全面信用してはいけません。

まとめ

thinking
私の風俗業界3大びっくりお送りしました。

普通の会社と違うので、なかなか想像しにくい部分もたくさんありますよね?

私も驚きました。風俗嬢は自分の体が商品です。

自分との時間を買ってもらうことで商売をしています。

だから女同士の戦いもあるし、男は安く済ませたいし、お店だっていい子を呼ぶための方便もあります。

騙し騙され、ドロドロの世界です。

けれど、それがわかってしまえば、その中を上手く生き抜くことも出来ます。

私はラッキーなことに、最初のお店でそれを早々に悟り、細々とではありますがどうにかやれています。

まぁ、一番の驚きは、今でも自分が風俗嬢として働いているってことですけどね。人生わからないものです。

まるるん