画像:パパ活

パパ活とは?

パパ活とは、ずばり男性とデートをしてお金をもらうことです。
お金をくれる男性のことをパパと呼び、一緒にショッピングに行ったり、食事に行ったりします。

いわゆる援助交際や愛人契約とは違い、肉体関係を目的としておらず、あくまでデートが目的の関係のことです。

1回きりの関係の場合もありますが、お互い相性が良ければ「定期さん」となり、月に何回会うなどの約束を取り付ける関係になることもあります。

 

パパ活のお手当。相場はいくら?

パパ活のお手当やお小遣いの相場は、地域やデートの内容、女の子のスペックによって大きく変わります。

例えば19歳で2時間程度のお食事デートの場合、お手当は1万~3万円が相場です。

しかし、年齢が20代後半や30代になってくると、お手当の相場は5千~1万円程度程度になります。
場合によっては「ご飯はご馳走してあげるけど、お手当は無しね」などと言われてしまうケースもあります。

また、はじめに2万円のお手当をもらえる約束であったとしても、顔やスタイルが好みじゃなかったという理由で値切られることや、逆に追加でお手当をもらえることもあります。

パパと女の子がお互い気に入り、「定期さん」になるとプラス1万円ほどお手当がアップする傾向にあります。

パパ活はルールやマニュアルが決まっているわけではありません。
そのため、女の子とパパの間で交渉して金額が決まります。

自分を安売りせずにパパ活するためには、パパと交渉する力が必要になります。

 

パパ活の始め方、探し方、選び方

パパ活を始める方法は大きく分けて2つあります。

1つ目はデートクラブや会員制ラウンジ、キャバクラなどで働き、そこのお客様と個人的に会う方法です。

この方法は、お金持ちで紳士なパパに出会いやすいですが、まずはそのお店に勤務し顔を覚えてもらう必要があります。
お店で働いている女の子はルックスのレベルも高いので、その中で男性にとって「お金を払ってでもデートしたい女の子」になる必要があります。

さらに、お店に来ている男性はパパになるために来店しているわけではないので、個人的に連絡が取れるようになるまで時間がかかります。

しかも、パパ活をしていることがお店にバレた場合、違約金や罰金、損害賠償金を請求される可能性があります。
そのため、ハイリスク・ハイリターンのパパの探し方と言えるでしょう。

2つ目は、SNSや出会い系アプリでパパを募集する方法です。

SNSや出会い系アプリであれば、自分がパパを探していることを男性に打ち明けやすくなります。
また、条件交渉に入りやすく、男性と交渉がうまくかなくても次のパパ候補をすぐに探すことができます。

パパ希望の男性はエッチありの女の子を探していたり、キスありなどの希望がある場合があります。
もしも自分の希望と異なる場合、早めに断ることができるのもこの方法のメリットです。

オイシイ話には裏がある?!危険なパパ活の実態

さて、パパ活は本当にデート「だけ」でお金がもらえると思いますか?

もちろん本当にデートだけで満足してくれる紳士なパパも存在します。
しかし、中にはそうではないパパがいるのも事実です。

ドタキャンやお手当未払いパパなど、パパ活では危険なトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

肉体関係を迫られることも

パパ活女子の中には、より高いお手当が欲しいがために肉体関係ありでパパ活をしている女の子がいます。
そのため、パパ活=肉体関係ありと暗黙の了解と思い込んでいる男性もいます。

ある女の子は、条件交渉の時点でハッキリと「肉体関係はありません」と言えませんでした。
そのため、ディナーをご馳走してもらった帰り道、車で送ってもらうはずが気がついたらホテル街に着いていたということがありました。
当然男性はエッチできるものと思い込んでいたので、女の子が断ると怒ってお手当も渡さずに帰ってしましました。

この女の子の場合は、男性が怒って帰ったので無事に帰ることができましたが、断り切れずに肉体関係を結んでしまう女の子もいます。
最悪の場合、無理矢理ナカダシをされてしまったというケースも。

男性に襲われてしまった、レイプまがいのことをされてしまったのに「パパ活をしていた」ということが家族や職場、学校にバレるのを恐れて誰にも言えないまま泣き寝入りしてしまった女の子はたくさんいます。

 

詐欺や脅されることもある

パパ活ではお金のやり取りをするので、当然詐欺や脅迫のリスクもあります。

例えば、もらったお金が実は偽札だったというケースや、財布を忘れたから次回2回分払うと約束してそのまま音信不通になってしまうなどの詐欺行為、写真やメッセージのやり取りをネタに「家族や職場にバラすぞ」と脅迫された女の子もいます。

特に酷いケースでは、「本名か確認したいから」と言ってクレジットカードを提示させ、女の子のクレカ情報で勝手に買い物をするクレカ詐欺などのトラブルもあります。

パパ活という法律やルールで守られていない世界では、自分で自分を守るしかありません。

 

パパ活するならデリヘルのアルバイトをおすすめ!

パパ活に慣れてくると、より効率的にお金を稼ぎたくなってきます。

そんな女の子は次に肉体関係のあるパパ活を始めます。
しかし、肉体関係のあるパパ活はデートのみのパパ活よりも、更にリスクの高い行為になります。

ストーカー被害や、盗撮などのリスクはもちろん、肉体関係のあるパパ活は「売春」となり犯罪になります。

本番行為さえしなければ、売春にならないんじゃないの?と思う女の子もいるでしょう。
しかし、個人と個人の取引となるパパ活で本番行為無しの肉体関係をOKしてくれるパパがどれくらいいるでしょうか。
口では優しいことを言っても、いざベッドに入ったら約束を守ってくれるとは限りません。

また、デリヘルではプレイの内容がある程度決まっていますが、パパ活にはルールなんてものはありません。
パパの性癖や趣味によっては危険なプレイを強要される可能性もあるのです。

もし肉体関係のあるパパ活でお金を稼ぎたいと考えているならデリヘルのアルバイトをおすすめします。

 

デリヘルバイトのメリット

デリヘルのアルバイトとパパ活の大きな違いはサポートしてくれるスタッフがいることです。

例えばホテルでトラブルになってしまった時、パパ活では自分で解決するしかありません。
しかしデリヘルならスタッフに連絡すればすぐに助けに来てくれたり、女の子の代わりにスタッフがお客さんと話をしてくれます。

デリヘルには安全な送迎もあるため、男性から嫌がらせをされたり、ストーカー被害の心配もありません。
いざというときに守ってくれたり、相談に乗ってくれるスタッフは女の子の強い味方です。

さらに、デリヘルは本番行為が禁止です。
お店のルールとして決められているので、お客さんに本番を迫られてもしっかりと断ることができます。
NGプレイもスタッフと相談して決めることができるので安心ですし、NGなお客さんもスタッフに言えば接客を断ることもできます。

また、デリヘルでは、プレイ時間やオプションによって金額が決まっています。
パパ活と違い自分で値段交渉をしたり、急に値切られることもないので働くモチベーションもアップします。

お給料やプレイ内容で自分に合ったお店を選ぶことができるのもデリヘルの大きなメリットです。

しかも、デリヘルなら出勤時間を自分で決めることができます。
パパの都合に合わせる必要があるパパ活とは違い、自分の都合でお仕事ができるのでプライベートもより充実させることができます。